山陰・島根の美肌の湯・玉造温泉にある佳翠苑皆美は松江、出雲大社、石見銀山に近くて便利な温泉宿・旅館です。

皆美の伝統とおもてなし
城下町松江にて本館を創業
皆美家の祖は明治初期、食酢の醸造・販売を手掛ける「京店の酢屋」として商いをしていたが、五代で閉じ、「皆美」の屋号で湖水や山並の絶景を活かした旅籠を開くことにした。明治二十一年五月のことである。
開業当時の部屋数は、宍道湖畔の住居であった二階の三部屋だけであった。最初の客は石見の僧侶十人余り。「いくら何でも最初がお坊さんではどうか―」と家族で相談の末「何事も万事まるく納まる―」との結論となってこころよく宿を引きうけたエピソードがある。
当時、すべてを切り盛りしていたのは皆美清太郎の妻、ユキであり、皆美の初期の基盤を築いた。その行き届いた客への心遣いと奉仕の精神が皆美の家風を築き今に引き継がれている。

その後、皇族方がご宿泊されているが、その他、芥川龍之介、河井寛次郎、高浜虚子、川端康成、岡本太郎などの著名な文化人、政財界人、芸術家が訪れるようになった。
昭和五年には与謝野鉄幹・晶子夫妻が来館

      松江びと 古きならひに したがひて よべる末次 本町のやど
と歌を残された。 
昭和二年七月には島崎藤村が令息と来泊。「山陰土産」に松江の風光の美しさ皆美館の居心地の良さを書かれ三泊のご予定が五泊の滞在となり、帰り際に主の為にと「芭蕉の言葉」を揮毫して頂き今も床の間に飾り、記念の部屋として「藤村の間」と呼び、当時のまま保存している。
皆美館「藤村の間」
皆美館「藤村の間」 島崎藤村が宿泊した「藤村の間」は客室として今も使われている。
本館のおもてなしの精神を引継ぎ、玉造に開業

昭和二十七年、玉造温泉に皆美別館を開業。翌年、本格的な別館新築工事が始まった。当時にはめずらしい自動車の乗り入れが可能な橋を架け、特色あるものを、と考え陶芸家・河井寛次郎氏の勧めを受け、神戸の宮地米三氏に設計を依頼した。

 昭和六十三年に「佳翠苑皆美」に名を改め今日に至る。玉造の皆美にも棟方志功、松本清張などの多くの著名人も来泊された。

「客のこころになりて亭主せよ」。藩政改革を行い、名君でもあった松江藩七代目藩主・松平不昧公が残した教えである。
創業の女将ユキの時代から引き継がれてきた、客への心遣いと奉仕の精神を支える言葉であり、この言葉を社訓として今に引き継いでいる。

      客の心になりて 亭主せよ
明治21年開業の頃
明治21年開業の頃 皆美館の庭園
明治21年開業の頃
当時は、庭園から宍道湖岸の船着場へ降りていた
明治20年頃
写真 右:東館(明治35年頃築) 中:旅籠を始めた棟 左:西館(数寄屋造り)
昭和20年頃「高砂の間」
昭和20年頃「高砂の間」
昭和30年頃 皆美別館 玄関からロビー
昭和30年頃 皆美別館 玄関からロビー
昭和37年頃 皆美別館 お見送りする女将
昭和37年頃 皆美別館 お見送りする女将
佳翠苑皆美
〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造温泉
Tel.0852-62-0331  Fax.0852-62-0019